障害者介護の現状

障害者介護の現状

私の勤務していた事業所は障害を持っている人を支援する介護士を自宅に派遣している会社でした。

初めてのお宅に行った所の仕事が大変でした。
障害を持っている夫婦の家で子供もいました。
食事の支度から洗濯、排泄の手伝い、入浴の介助など。その人が生活して行く上で必要なもの全ての支援でした。
障害者のアパートに住んでいたのですがその方は立つ事が出来ないので台所の流しを低くしていたのです。
私は常に膝をついた状態で炊事をしていました。膝が真っ赤になる事も多々ありました。

調理は全てその方の指示通りに動きます。野菜の切り方から味噌汁の味噌の量まで。味見もその方がするので私はその家の味噌汁の味を知りません。
外出するのにも同行します。その方は電動車椅子で移動します。子供を車椅子の後ろに立たせて一緒に動きます。

家族の食事会に同行した時のことです、夕方の街は人でいっぱいでした。車椅子が人にぶつかるのではないかとヒヤヒヤしながらついていきました。
子供も私に懐いてきてくれていたので私にも話しかけてきます。私は子供を喜ばせようと街の中でのちょっとした事の説明をしました。
その様子が気に入らなかったようで私を街の外れに連れていき、大きな声で怒鳴りつけてきました。

何を怒っているのかわかりませんでしたがやきもちもあったのかなと思いました。でも私はその場で謝りました。
その後の一緒の行動は辛いものでした。食事介助もしなくてはならないので気持ちを冷静に持ち心の中で仕事仕事と何度も自分に言い聞かせながら仕事をしました。
その方は障害はあっても行動的な方で障害者の会の会長もしている方だったので泊まりでの研修もありました。

宿泊先での入浴介助から就寝介助まで私が行い、朝介助は別の介護士に任せるということも行いました。
その方にはついての仕事は5年ほど行いました。自分の家でのおせち料理は作らないのにその方のおせちは五年作った事になります。
その方を抱えたりの身体的な介助はあまりなかったのですがやはり精神的に辛かったです。

以前にその方の介助をしていた方からお話しを聞いたりしながら乗り越えたものです。その方が言うには自宅では空気にならなければダメだよと言われたことを
思い出しました。夫婦喧嘩が始まったり子供を叱っていたり、いちいち気にしていたら身が持ちませんから。

やはり時間を重ねていくと私も空気のような存在になることが出来てきました。あの辛い仕事の体験をしたことで他の方達への支援はのんびり仕事ができたように思います。

急変に対応できなかった自分

認知症の方で、いつも何でもかんでも持って行ったり何でも自分の物にしたり、汚い物も汚いと認識できなかったり、体調が悪くもないのに(病院へ行ったが何も異常はみつからなかった)今日はえらいから、だるいから〜が痛いと言う利用者さんがいました。

その利用者さんが立っていて、いきなり心臓が痛いと言い始め、”大丈夫?”とは聞いたもののまたいつもの嘘か〜と思って気にしないで他の利用者さんとお話ししていたら
その人の顔色がどんどん悪くなり泣いてしまい、その場に座り込んでしまいました。
その場に来た看護師に支えなさい何を見ているの車椅子をもってきて!と怒鳴られました。

その後病院へ緊急搬送されていきました。見ていたのにも関わらず何もできず動けず
座り込んでもなお演技をしていると思ってしまった自分はこの仕事は向いていないんだな。

何もできないいつか目の前で殺してしまうかも

と思ったら怖くなって辞めたくなりました。

自分が夜勤にはいっているときに、見回りも終わり自分の仕事が終わったので
煙草を吸いに外に出たら外からうめき声が聞こえてきて、何だろうとは思いましたが
そこまで気にせずにいたら声が大きくなるのでもう一度全部屋見回りに行ったら2階に住んでいる人が見当たらず、窓が開いていたのでベランダを見てみると
ベランダの柵を越えられるようにトイレットペーパーで段が作ってあり、下を見て見たら利用者さんが倒れていました。

雨だったので音も全然聞こえず、声すらあまり聞こえませんでした。

その後緊急搬送され2度と歩けない身体になってしまいました。
その人が鍵を壊したので修理を依頼していた時におきてしまった事故です。
別の部屋に鍵が直るまでの間移動させていたら

トイレットペーパーを鍵をかけて保管していたら段を作ることができないから、飛び降りる事もなかったのにと思ったら、自分のせいで歩けなくなってしまったんだ。と自分をすごくせめました。

助ける仕事なはずなのにその人の自由を奪ってしまった自分に嫌気がさして辞めたくなりました。

自分が入浴介助で片方麻痺の方を抱えている時、スリッパと自分の足の間に石鹸が入り込み、抱えたまま転倒してしまいました。

その方はリハビリをしていて杖で少しは歩ける方だったのですが、その転倒のせいで
健康だったはずの足が向くはずのない方向を向いてしまっていて、両足とも使えなくなってしまい、杖を使って歩く事もできなくなり、車椅子のみの生活となってしまいました。

私はその人の自由も奪ってしまいました。

抱える前にもう少し周りを確認していたらこんな事にはならなかったのでは。

と今でも思います。

その時は辞めたい気持ちしかでてきませんでした。

ひどいスタッフ

介護と言う仕事は、基本的に現場に入っているスタッフは、好きだと思います。

私の周りの方は少なくてもそうでした。利用者さんの悩みや、愚痴、喜びの話や、お孫さんの事、家族には言えない悩みを話す場所が出来ているのは良い事だと思いますし、真剣に聞かせていただきますが、こちらもある程度仕事です。それで自分のテンションが極度に下がるということもなくいられると思います。

ですが、被害妄想の方については別です。それもスタッフ1人を槍玉にあげます。理由は【自分のお気に入りの人と仲がいい。危険行為を助言されて思うように出来ない。スタッフをカラオケに誘ったら断られた。】等など。

結局は、自分の意に従わないと、思うと被害妄想が炸裂します。その時ばかりは物凄い勢いで車椅子であってもあちこちを回り、1人のスタッフの有りもしない噂を言って回ります。

もちろんスタッフは、分かっていますが….さすがに「あの女は、〇〇さんに色目を使ってゴルフ連れていってくださいね」「私が迎えに行きますからランチに行きましょう」等など言いふらされた時は上司に報告をしました。それでも上司は立場上、双方の意見を聞かなくてはならないとの事でした。

ごもっともの意見です。

それでも無いことばかりを言いふらされていましたので同僚も上司に話してくれたのですが、、、当の本人は「あんたなんて、他人の旦那を取ろうとしているネコババ女よ!すましてないで謝りなさいよ!アンタなんて訴えてやる!仕事なんでできなくさせてやるから!」の罵声を放ち….近くを通るだけで「あー!やな女!」と叫ぶ。。。そのうち何処からか噂が耳にはいったようで、〇〇さんの奥様から職場に電話が入りました。いくら仕事でも私を〇〇さんに近づけないでほしいとの苦情でした。1人1人の利用者様はとても素敵な方々ですが、やはり環境の中で噂話に乗って行かないと自分が槍玉にあげられる事は嫌だし、高齢になってまでいじめられたくないと思うことはしかたありません。

ですが軽度の認知症と被害妄想の強い方が「弱者」として法的にも守られ同情されますが….。上司も理解してくれましたが、この件に関してはケアマネ、その方の家族まで施設に出向かれての話し合いになった事で【状況報告書】を書きました。間もなく、その方は御本人の意向で施設を変えましたが、愛おしいと、思っていた利用者さんが噂話にノリノリになりいなくなれば当事者の悪口に花を咲かせる。

そんな姿を見た時は、なんて悲しいんだと思いつつ、結局、職員が守られる事は本当に少ないと痛感しました。長い間、従事していますがあんなにアホらしく残念な経験はありませんでした。

介護はブラックな仕事です

介護経験があっても、人の出入りが激しく定着しない為に、新しい人が入って来ないとのことで、早番、日勤、遅番、夜勤の四勤務が絶対条件だったはずなのに、夜勤出来ません、土日休みます、早番出来ませんって人と、さらには全くの未経験者と、介護福祉士、ヘルパーなどの無資格者と同じ基本給をかせられていたのを、求人広告欄を見ている時に知った事。

なんども、遅刻を繰り返す人に対しての厳罰が全くされていない事を知った。
自由に有給休暇を使わせてくれない、冠婚葬祭のみ。
さらに、業務内容が働いてる会社に長年いるからとの理由で、同僚よりも書類作成、オムツの在庫管理に発注、洗剤の在庫管理、毎月のおやつプランの作成、新人教育プログラムの作成及び新人教育、業務をやらされ多く課せられていたにもかかわらず、リーダーなどの役職すらついてなかった現状、手当も全くついていなかった状態なのに、責任は押し付けられていました。

もう、やって当たり前って感じで対応されていました。

入居者さんには、蹴られたり、叩かれたり、つねられたりし、ブス、デブ、バカ、うるさいなどの暴言が当たり前にあり、仮眠も無い夜勤を課せられ、一人でセンサー音が鳴り響く状態での、トイレ誘導、オムツ交換、見守り、トイレ掃除、洗面所掃除、フロアーの掃除、毎月の家族へのお手紙や、モニタリング、などの書類書きに、洗濯を干しに畳み片付ける、朝の食事の準備など手当てにあって無い業務量の多さ。

夜勤明けの次の日には、早番の業務が当たり前、夜間の月の回数は7回以上に、公休は6日しかない休み体制、会社側は全く悪いと思ってない現状でした。

そして、同僚は仕事の粗探しにあけくれ、毎月の行事などある時には、具体的な指示を出すも、わかりません、聞いてきません、私は悪くありません、と責任感のない状態。さらに、業務を円滑に回すための最低限のルールを守らない、入居者さんの食事介助よりも自分の休暇時間しか気にしない、それに対しての具体的なルールを決めても全く守らない、仕事をする時に何かにつけて、腰が痛い、頭がいたい、辛いなのどの、不健康アピールをし、重度の人にベットから車椅子への移乗介助をやらない、オムツの人の便失禁をやりたがらずに見てみぬふりを当たり前にする、そしてかわりにやってくれた人のアラを探し他の人に言いふらす、そんな同僚と同じ給料を貰っているんだと思うと、本当に辞めたくなってきます。介護ブラックは止まりません。